<図書>

ウミ ノ スガタ オ ハカル : カイヨウ ケイソク ノ ゲンリ ト シンカ スル ギジュツ

海の姿を測る : 海洋計測の原理と進化する技術 / 海洋理工学会編

所蔵情報を非表示

1

本郷キャンパス

配架場所 巻 次 請求記号 登録番号 状 態 文庫区分 刷 年 コメント
工3・図
558.3:Ka21 1011899232
2015 2019年度シラバス掲載図書

書誌詳細を非表示

出版者 京都 : 京都通信社
出版年 2015.12
大きさ 175p : 挿図 ; 26cm
内容注記 海洋計測方法と技術の発展 : 観測値に接するさいの心がまえ / 中田喜三郎 [執筆]
BT、XBT、XCTDなどの計測手段の進歩 / 鈴木重教 [執筆]
温度標準とそのトレーサビリティ / 丹波純 [執筆]
海洋中の塩分計測 / 河野健 [執筆]
流速計測の進歩 / 鈴木重教 [執筆]
流速計の種類と測定原理 / 森康輔 [執筆]
相互比較実験 / 中田喜三郎, 森重輝政 [執筆]
濁度の係わる物理と濁度原因物質の現場測定 / 秋葉龍郎 [執筆]
濁度標準と懸濁物質による濁度測定結果の相違 / 吉井敏史 [執筆]
積分球式における濁度計測の特質と課題 / 鈴木重教 [執筆]
工事中モニタリングによる濁度計算の課題 / 渡辺陽 [執筆]
濁度計はなにをとらえているのか : 検出方法による反応の差、懸濁物質による反応の差 / 横山勝英 [執筆]
水中音響測位 : 現状と課題 / 門馬大和 [執筆]
ハイドロホンの現状と課題 / 鎌田弘志 [執筆]
ジュゴンの生態調査に貢献する音響技術 / 市川光太郎 [執筆]
環境影響評価における海中騒音測定の現状と課題 / 鴨志田隆 [執筆]
GPS : 音響測距結合方式による海底地殻変動観測の現状と展望 / 石川直史 [執筆]
海洋における光 / 秋葉龍郎 [執筆]
光を用いた環境計測 / 秋葉龍郎, 吉田弘 [執筆]
一般注記 内容: 海洋計測方法と技術の発展, 第1部: 水温と塩分計測([総論](河野健), 第1章「BT、XBT、XCTDなどの計測手段の進歩」-第3章「海洋中の塩分計測」), 第2部: 流速計測([総論](中田喜三郎), 第1章「流速計測の進歩」-第3章「相互比較実験」), 第3部: 濁度計測([総論](吉井敏史), 第1章「濁度の係わる物理と濁度原因物質の現場測定」-第5章「濁度計はなにをとらえているのか」), 第4部: 音響計測([総論](門馬大和), 第1章「水中音響測位」-第5章「GPS」), 第5部: 光計測([総論](秋葉龍郎), 第1章「海洋における光」, 第2章「光を用いた環境計測」), 海洋理工学用語集, 参考図書, 本書に登場する企業・法人紹介, 編集代表各部責任者紹介, 執筆者紹介, 索引
引用文献: 各章末にあり
索引あり
参考文献: p162-163
著者標目 *海洋理工学会 編 <カイヨウ リコウ ガッカイ>
中田, 喜三郎(1946-) <ナカタ, キサブロウ>
鈴木, 重教 <スズキ, シゲノリ>
丹波, 純(1968-) <タンバ, ジュン>
河野, 健(海洋技術環境学) <カワノ, タケシ>
森, 康輔 <モリ, コウスケ>
森重, 輝政 <モリシゲ, テルマサ>
秋葉, 龍郎 <アキバ, タツロウ>
吉井, 敏史 <ヨシイ, トシフミ>
渡辺, 陽 <ワタナベ, アキラ>
横山, 勝英 <ヨコヤマ, カツヒデ>
門馬, 大和 <モンマ, ヒロヤス>
鎌田, 弘志 <カマタ, ヒロシ>
市川, 光太郎(1978-) <イチカワ, コウタロウ>
鴨志田, 隆 <カモシダ, タカシ>
石川, 直史 <イシカワ, タダシ>
吉田, 弘 <ヨシダ, ヒロシ>
件 名 BSH:海洋観測
分 類 NDC9:452
NDC9:558.3
本文言語 日本語
書誌ID 2003468519
ISBN 9784903473932
NCID BB20363642 WCLINK

検索結果一覧に戻る ページトップ