(最終更新日:2016.11.25)






はじめに
 こちらもご覧ください:
『図書館利用ガイド』 [PDF版](2016年7月以降の新システムには対応していません)
  図書館が提供する各種サービスをコンパクトに紹介したパンフレットのPDF版です。

『東京大学附属図書館マップ』 [PDF版]
  学内の各図書館・図書室がキャンパスのどこにあるかがわかる地図のPDF版です。
MENUへ




OPACの使い方

 OPACトップ画面の説明
東京大学OPACを使えば本学が所蔵する紙の本・雑誌を検索できます。
※「東京大学OPAC」のタブを選んで検索してください。
※他のタブ(「他大学」、「CiNii論文」など)をクリックすると外部のデータベースを検索できますが、OPAC検索時と検索ルールが異なりますのでご注意ください。
[1] MyOPACログイン
ここからMyOPACのログイン画面に入れます。
MyOPACへログインすると、いろいろなサービスが利用できます。
→参照:MyOPACでできること
[2] ASKサービス
Webの送信フォームで図書館へ質問ができます。
学内の図書館のうち回答に適した図書館から、回答がメールで届きます。
[3] 図書新着案内
各図書館・室ごとに新着図書のリストが表示されます。
[4] データベース
インターネットで文献などの学術情報を探すためのゲートウェイ、GACoS(ガコス)が開きます。辞典の統合検索や、新聞記事検索、学術論文検索など目的に合ったデータベースを探しましょう。
UTokyo Accountを使用して、学外からでも電子ジャーナルやデータベースにアクセスできます。
→参照:http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/gakugai.html
[5] 論文検索(TREE)
TREE(UTokyo REsource Explorer)は、データベースの使い分けを意識せずに、紙の資料も電子版も、本も論文も一度に探せるツールです。
東京大学OPACや、東京大学が契約しているデータベース/電子ジャーナル等(提供元の協力が得られたもの)が検索対象です。
[6] 他大学
「他大学」タブを選択すると、全国の大学等の図書館が所蔵する本・雑誌を検索できます。 「CiNii(サイニィ)Books」(国立情報学研究所提供)を使用しています。
[7] CiNii論文
「CiNii(サイニィ)Articles」は国内論文・全分野のデータベースです(国立情報学研究所提供)。
詳しくはCiNii Articlesオリジナル画面でヘルプを参照してください。
 ⇒CiNii Articlesのオリジナル画面はこちら
※学内から利用すると、より多くの全文データが見られます。
[8] 国内リポジトリ
「JAIRO(ジャイロ)」(国立情報学研究所提供)を使用し、日本の学術機関リポジトリに蓄積された学術情報(学術雑誌論文、学位論文、研究紀要、研究報告書等)を横断的に検索できます。
[9] Amazon
図書購入サイトです。
[10] E-JOURNAL PORTAL
東京大学で購入している電子ジャーナル・電子ブックの検索ができます。
[11] WorldCat
WorldCatは、OCLCによる世界の図書館が所蔵する資料の総合目録です。図書、雑誌、楽譜、地図、AV資料等を収録しています。
[12] 詳細検索
「詳細検索」をクリックすると、詳細検索画面に切り替わります。
詳細検索を使うと、条件を指定して効率よく検索できます。
MENUへ




詳細検索画面の説明

[1] 資料区分
検索対象とする資料の種類を限定して検索できます。
「図書」と「雑誌」にチェックを入れると、和洋の区別なく図書・雑誌を検索します。

[2] キャンパス
検索対象とするキャンパスや所蔵館を限定して検索できます。

[3] 検索項目の指定
「書名」「著者名」「出版社」など項目を指定して検索できます。
「全ての項目から」以外の検索項目を指定する場合は、入力方法にご注意ください。 単語の途中までの入力で検索するには? →参照:前方一致検索

[4] 論理演算
検索語の入力欄を複数使う場合、プルダウンメニューで論理演算(AND、OR、NOT)を指定できます。



[5] 並び順/昇順・降順
検索結果の並び順(書名、著者名、出版年、出版者、関連度)と、昇順・降順を指定できます。
















[6] 一覧表示件数

検索結果を1画面に何件ずつ表示するかを指定できます。


[7] 検索オプション
出版年、出版国、言語など各種の条件を指定できます。


[8] トップページに戻る
東京大学OPACのトップページに戻るには、画面左上のロゴをクリックします。
MENUへ


検索で使用できる文字

(1) 漢字圏の文字
(2) 欧米系文字
(3) その他の文字(原綴り入力あり)
(4) その他の文字(原綴り入力なし)
(2),(3)の文字資料では、原綴りの他、タイトル、著者名はアメリカ議会図書館の翻字方式により ローマ字に変換されたデータが作成されています。原綴りあるいは、翻字形で検索してみてください。

(4)の文字資料では原綴入力は行われておらず、アメリカ議会図書館の翻字方式により ローマ字に変換されたデータのみ作成されています。翻字形で検索してみてください。

 →参照:ALA-LC Romanization Tables(アメリカ議会図書館翻字表)
   http://www.loc.gov/catdir/cpso/roman.html

*翻字入力用の文字パレットは、OPACの画面上部の「入力補助」から起動できます。

MENUへ




検索語の詳しい入力方法

 一般規則
 書名・シリーズ名
 著者名・編者名
 出版者(社)
 完全一致検索
 フレーズ検索
 前方一致検索
MENUへ





借りる?コピーする?取り寄せる?

 OPACの検索結果画面の見方 
検索結果画面:
文献管理ツール(RefWorks、EndNote、Mendeley)へ書誌情報の取込みができます。
詳細画面:
【雑誌の場合】
「所蔵館」と「所蔵巻号」を見て、何巻何号を所蔵しているかを確認してください。
取り寄せを申込むときはボタンをクリック!

【図書の場合】
「所蔵館」と「請求記号」を確認してください。
「状態」の欄に「貸出中」と表示されていたら、予約することができます。
また、他キャンパスで所蔵しているものは「貸出中」の表示の有無にかかわらず取り寄せが可能です。
予約・取り寄せを申し込むときはボタンをクリック!
MENUへ


 入手方法はいろいろ!
※図書館によってサービスが異なります。詳しくは所属学部の図書館にお尋ねください。
このマークが付いているものは原則有料のサービスです。
※障害があるため文献収集が難しい方は、キャンパスにかかわらず図書館(室)の本の現物・文献のコピーを所属学部の図書館に取寄せることができます。所属学部の図書館にご相談ください。

予約・取り寄せ・PDF閲覧の各申し込みは、MyOPACから行えます。
 文献取寄サービスの詳しいヘルプはこちら:
MyOPAC 文献取寄サービス 利用ガイド [HTML]
MENUへ


 本の返却方法
借りた本を、所蔵館へ直接返却するほかに、便利な返却サービスがあります。
借りた本の所蔵館が、今いる場所と異なるキャンパスであれば、所蔵館まで出かける必要はありません。
※借りた本の所蔵館が、今いるキャンパス内にあれば、直接その所蔵館に行って返してください。
※障害があるため出向くことが困難な方は、返却も自分のホームライブラリーで行うことができます。
MENUへ


 本の貸出期間を延長するには
返却期限は必ず守りましょう。まだ返却期限内なら、貸出期間を延長できます。 以下のいずれかの方法で、延長できます。
MENUへ


 図書館で購入してほしい本をリクエストするには
必要な本が図書館に無かったら、購入のリクエストをすることもできます。
リクエストがあった本は、その本を置いてほしいと希望した図書館で購入可否を判断します。
MyOPACからリクエストした場合は、MyOPAC画面上で処理状況を見ることができます。

以下のいずれかの方法で、リクエストを出すことができます。 予算を持っている教職員の場合、で申込することも可能です。
詳細は所属学部の図書館でご確認ください。
MENUへ


 東大に無ければ他大学の所蔵している本・雑誌を検索
探している本や雑誌が東大に無いときは、タブを「他大学」に切り替えるだけで、他大学の図書館の資料を検索できます。
(検索ルールは東大OPACとは異なります。雑誌タイトルの略称など、単語の途中までの入力で検索する場合は、語尾に「*」の記号を付けてください。)
他大学で所蔵している場合は、検索結果画面に「他大学から取寄」リンクが表示されます。
このリンクをクリックして、他大学の図書館の資料の取り寄せを申し込むことができます。
詳しくは所属学部の図書館にお尋ねください。
MENUへ


MyOPACでできること

 ログイン・ログアウト
東京大学OPACの画面右上に、「MyOPACログイン」ボタンがあります。 クリックすると、ログイン画面に移動します。
login
ログイン画面で「UTokyo Accountログイン」をクリックしすると、UTokyo Accountの画面に移動します。ユーザー名とパスワードを入力して「サインイン」をクリックしてください。MyOPACにログインした状態で、元の画面に戻ります。UTokyo Accountお持ちで無い場合は図書館アカウントをご利用ください。
※ ブラウザの設定でCookieを有効にしてください。
※学外からもログインできます。
※ログインできない場合は、所属学部の図書館にご相談ください。
MyOPACの利用が終わったら、必ず画面右上にある「MyOPACログアウト」ボタンをクリックし、続けてブラウザを終了してください
※タブを閉じるだけではログアウトできません。確実にブラウザを終了してください。
logout
 ログインID・パスワードの詳しい説明はこちら:
パスワード登録・変更 ヘルプ [HTML]
MENUへ


 MyOPACのサービスメニュー
MyOPACにログインすると、以下のサービスが利用できます。 その他、図書館からのお知らせや、よく使う図書館の開館カレンダー・時間などが表示されます。 OPAC検索結果をリンクで保存しておく機能(ブックマーク)や複数のデータベースを選択して横断検索する機能も使えます。
 文献取寄サービスの詳しいヘルプはこちら:
MyOPAC 文献取寄サービス 利用ガイド [HTML]
MENUへ


 MyOPACのサービス画面の使い方
[1] OPACの検索
ここにキーワードを入力してOPACを検索できます。ここからOPACを検索すると、検索結果画面に予約やコピー取り寄せなどの申込ボタンが表示されます。 →参照:OPACの検索結果画面の見方
「詳細検索へ」のリンクをクリックすると、OPACの詳細検索画面が開きます。

[2] カウンターの選択
よく利用する図書館をここで選択すると、指定した図書館のカレンダーや図書館からのお知らせが表示されます。

[3] 図書館からあなた個人へのメッセージの表示
ここにメッセージが表示された場合は、図書館からあなた個人へのメッセージですので必ず確認してください。 罰則が適用されている場合、延滞資料がある場合、予約した資料が利用可能になっている場合などにメッセージが表示されます。

[4] 各種サービスへのリンク
貸出期間の延長などをしたい場合は「MyOPACサービス」部分にマウスを当て、各種サービスをクリックしてください。

[5] ブックマーク機能
「もっと見る」をクリックすると、あなたが登録したブックマークが表示されます。
「編集」をクリックすると、ブックマーク情報の編集や削除ができます。
ブックマークの登録方法は2つあります。
(1) OPACの検索結果をブックマークする場合
MyOPACにログインしてからOPACを検索し、検索結果画面の「ブックマーク」をクリックし、必要事項を入力し、「登録」をクリック。
(2) ブックマーク編集画面からブックマーク登録する場合(外部のWebサイトなど)
ブックマーク編集画面の「ブックマークを追加」をクリックし、必要事項を入力して「完了」をクリック。

[6] コンテンツを非表示にするには
使用しないコンテンツのタイトル部分にマウスを当て「×」をクリックすると、そのコンテンツが非表示になります。 ※一部、非表示にできないコンテンツもあります。
非表示にしたコンテンツを再表示させたり、コンテンツの並び順を初期状態へ戻すには、「初期設定を適用」をクリックします。

MENUへ